糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

IPS細胞を使った異種間臓器移植 糖尿病の治療に期待

   

マウスの身体の様々な細胞へと変化するIPS細胞を使い、種が異なるラットの体内に膵臓を作り出し、膵臓の一部を切り出し移植することで糖尿病を治療することに、東京大学のグループが世界で初めて成功しました。

こちらでは、IPS細胞を使った異種間臓器移植 糖尿病の治療に期待という情報を紹介します。

IPS細胞を使ってラットとマウス異種間移植に成功

東京大学の中内啓光教授らのグループが、マウスのIPS細胞を使って、種が異なるラットの体内で臓器のすい臓を作り出し、その一部をマウスに移植して糖尿病を治療することに成功しました。

グループでは、まず、すい臓が出来ないように遺伝子を操作したラットの受精卵にマウスのIPS細胞を注入し、マウスのすい臓を持つラットを作り出すことに成功。

その後、ラットのすい臓の中にあるインスリン分泌を担う膵島を取り出し、糖尿病のマウスに移植。その結果、血糖値は約1年間にわたり正常で糖尿病の治癒を確認。そのうえ、拒絶反応を抑える免疫抑制剤は、術後5日間投与しただけで、その後は不要だったそう。

今回の方法では、ラットの細胞がまじるため、拒絶反応が起きる可能性もありました。しかし、1年後に摘出した移植した膵島には、ラットの細胞は存在していなかったそうです。

今後はヒトとブタでの異種間臓器移植に期待

現在の臓器移植での治療は、臓器提供を行うドナーの少なさから、移植を希望するすべての人が受けられるものではありません。そのため、人間の場合、ヒトとブタでの異種間臓器移植が研究されています。

今回の研究では、まずマウスとラットという異種間の臓器移植に成功しました。マウスとラットの種族差はそこまで無さそうに思えるのですが、どうやら馬と羊ぐらい違うのだそうです。

次のステップとしては、サルとブタなど、より人間に近い種族での異種間臓器移植が検討されています。いずれ人間での検証が行われドナー不足の問題が解決できるこの研究の成果に期待したいですね。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の治療 ,