糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

11月14日は世界糖尿病デー なぜ11月14日?ブルーライトアップで糖尿病予防を呼びかけ

   

世界糖尿病デーとは、世界保健機関であるWHOにより制定された国際デーです。毎年11月14日に、ブルーサークルや、ブルーライトアップで糖尿病の予防が呼びかけられています。

日本でももちろん世界糖尿病デーのイベントは行われており、東京タワー、レインボーブリッジ、札幌時計台、名古屋城、大阪城天守閣、通天閣など、数々のランドマークがブルーライトアップされており、糖尿病予防を呼びかけています。

こちらでは、11月14日は世界糖尿病デー なぜ11月14日?ブルーライトアップで糖尿病予防を呼びかけという情報を紹介します。

世界糖尿病デーとは?

世界糖尿病デーは、1991年にWHO(世界保健機関)とIDF(国際糖尿病連合)によって制定し、2006年に国際連合にて「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を全会一致で採択されると同時に、国連により公式に認定されました。

なぜ11月14日なのかというと、インスリンを発見したカナダのバンティング博士の誕生日であり、糖尿病治療の画期的な発見に対して敬意を払い、11月14日を世界糖尿病デーとしたのだとか。

毎年11月14日が近づくと、町のシンボルや糖尿病の治療院などでは、ブルーサークルブルーライトアップなどで照らされ、糖尿病の啓啓発キャンペーンが行われています。

なぜ、青い輪がシンボルマークになっているのかというと、青色が世界共通の「青空」と、団結を表す「輪」がモチーフになっており、「糖尿病のために団結せよ」というキャッチコピーを表しているからです。

世界中で増加傾向にある糖尿病ですが、糖代謝能力の低い日本人は、より糖尿病予防を意識しなければなりません。ブルーライトアップによって飾られたランドマークを見て綺麗だなと感じると同時に、糖尿病についても考えていきたいですね。

世界糖尿病デーでブルーライトアップされた東京タワー

%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e3%82%bf%e3%83%af%e3%83%bc-%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97-%e4%b8%96%e7%95%8c%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%83%87%e3%83%bc

ブラジル リオデジャネイロのキリスト像もブルーライトアップ!

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%83%ab-%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88-%e4%b8%96%e7%95%8c%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%83%87%e3%83%bc-%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88

2016年の糖尿病デーは名古屋がシンボル!

%e4%b8%96%e7%95%8c%e7%b3%96%e5%b0%bf%e7%97%85%e3%83%87%e3%83%bc

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について