糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

高血圧と糖尿病の関係!糖尿病の恐れのある血圧値は?血圧の下げ方

   

糖尿病は高血圧で引き起こされるものであり、血圧を下げる事こそ糖尿病の治療や予防になりえます。そのため、糖尿病の治療では、血圧を下げるために運動療法や、食事療法などを行っていくわけです。

しかし、具体的な糖尿病の恐れのある血圧の数値はいくらなんでしょうか?また糖尿病と診断されたされた際に目標とすべき血圧数値はいくらなのでしょうか?

こちらでは、高血圧と糖尿病の関係!糖尿病の恐れのある血圧数値は?血圧の下げ方の情報を紹介していきます。

高血圧と糖尿病の関係

高血圧の状態を放置していると、糖尿病を引き起こすと一般的に言われています。しかし、何故かと言われると、高血圧と糖尿病の関係を適切に答えられる人って少ないのではないでしょうか。正しく理解するためには、まずは高血圧の症状について知る必要があります。

高血圧 糖尿病

高血圧の状態というのは、血糖値が高くなり、血液中に脂質や糖分が多く含まれています。しかし、このようなドロドロとした血液では、血管内で血液がつまり、血管の壁に糖分や脂質がくっついてしまうようになります。

そのため、血液が通るべき血管が狭まってしまい、血液が通るたびに血管に対して高い圧力を与えてしまうわけです。そして、このような高血圧な状態を維持していると、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす恐れがあります。

高血圧で腎臓が破壊される事が糖尿病の始まり

糖尿病が引き起こされる原因は、この高血圧で高血糖なドロドロの血液をろ過する役目を担っている臓器、腎臓が壊される事です。

腎臓は、血液をろ過し、いらないものとして判断された老廃物を、尿として排泄する臓器。ドロドロの血液は、ろ過機能以上の糖分、脂質が含まれており、ろ過機能を担当する糸球体が詰まってしまいます。

腎不全 糖尿病

詰まってしまった糸球体では、もちろん尿をろ過することはできません。それでも、尿を作るために圧力が加えられた結果、糸球体が破れてしまいます。

糸球体が破れてしまうと、栄養分である糖分や脂質なども尿から検出されるようになります。尿に蛋白や糖分が検出されるのは糸球体の働きが弱くなっているからなんです。

そして尿から糖分や蛋白が検出されているという事は、すでに糖尿病は始まっていると言っても過言ではありません。最終的に糸球体がまったく働かなくなってしまうと、尿すら作れなくなり、人工透析が必要になってしまいます。

人工透析が必要になる前に、糖尿病の疑いがある時から血圧を下げるための治療をはじめることが重要です!

高血圧と呼ばれる数値と、正常な血圧数値

血圧は、上の血圧(心臓の収縮期の血圧)下の血圧(心臓の拡張期の血圧)に分かれています。大きいほうの数値がいわゆる上の血圧ですね。

分類 伸縮期血圧(上の血圧) 拡張期血圧(下の血圧)
正常血圧 120~129 80~84
正常高値血圧 130~139 85~89
1度高血圧 140~159 90~99
2度高血圧 160~179 100~109
3度高血圧 180以上 110以上

血圧はこのように分類されており、上が140以上、下が90以上から、高血圧と診断されるようになっています。しかし、家庭用での血圧測定では、若干数値が下がるようで、上が135以上、下が85以上で高血圧の状態だと言えます。

年代によっても平均値は変わりますが、健康的な体でいたいのであれば、最低でも正常高値血圧、できれば正常血圧値を目指して生活習慣を改善していきたいところです。

糖尿病の場合の血圧目標値

糖尿病と診断された際には、より一層の血圧のコントロールが求められます。というのも、糖尿病と診断された以上、小さな血管へのダメージの蓄積が、糖尿病の悪化につながるからです。

その際の指標となる血圧目標数値が、上が130、下が80と、正常値すら下回る数値。糖尿病患者の多くが高血圧と言われているのにも関わらず、ここまで血圧を下げる事を要求されているんです。

さらに、糖尿病性腎症を発症している場合や、蛋白尿が検出された場合は、上が125、下が75とより一層低い血圧値が求められます。血液をろ過する腎臓を守るためですので、頑張って運動療法と食事療法を続けましょう。

血圧の下げ方

血圧を下げ方は、基本的に糖尿病の治療のための、食事療法運動療法薬物療法が基本です。それらに加えて、やってはいけない事をやらない!というのが大切です。

血圧を下げる食事療法

血圧を下げるためには、まずは何よりも減塩です!日本人の平均摂取塩分は1日につき11グラムと言われています。しかし、WHOからは1日5グラムに控えるように言われています。その差はなんと倍以上・・・。

カップラーメン1杯でも、5.5グラムもの塩分が含まれているんです。意識しなければ決して達成できる数字ではありません。日ごろから、汁物はすべて飲み干さない、醤油をかけ過ぎない、外食は控えるなど、しっかりと意識して減塩を心がけましょう。

そして、いつも腹八分目で食欲を抑えるようにしましょう。食べ過ぎは、糸球体を傷つける行為となり、そこから高血圧糖尿病を引き起こしてしまいます。ちなみに、肥満も高血圧を引き起こす原因になっています。

血圧を下げる運動療法

適切な運動を行う事で、血管を拡張し血圧を下げる事ができます。また、運動によるカロリー消費はインスリンの抵抗値を下げ、血液中の糖分を消費し、血糖値が下がる事で血圧を下げるごとができます。

血圧を下げる運動療法とは、ジョギング、ウォーキング、サイクリングなどの有酸素運動です。息切れしない程度の運動を長く続ける事で血管の巡りと、カロリー消費を上げて、血圧を下げることができます。

このような運動を1回60分、週3回、3か月の運動で、血圧は10下がるとの事です。運動は最低でも30分は継続させるようにしないと効果はありません。できれば毎日の生活習慣に取り入れて実践していきたいですね!

血圧を下げるためにやってはいけないこと

禁煙 糖尿病

血圧を下げるためにやってはいけないことのNO1がタバコです。タバコを吸うと、血管を収縮させ一時的に10ほど血圧があがります。

その時だけであれば、問題はないのですが、タバコというものは起きている間断続的に吸ってしまうもの!これでは、血管が休まる暇はありません。

糖尿病と診断された際には、必ずタバコを辞めるように指導されるほどのもの。血圧が高いと自覚しているのであれば、タバコを辞める努力を今からでも始めましょう!

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について, 糖尿病の治療 , , , ,