糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

食事前のキャベツで糖尿病予防 キャベツの食物繊維で血糖値上昇を抑える

   

食事前にサラダを食べると、糖尿病予防になるという事はよく言われていますよね。そんなサラダの中でも、最も糖尿病予防に適した野菜がキャベツなんです。

こちらでは、食事前のキャベツで糖尿病予防 キャベツの食物繊維で血糖値上昇を抑えるという情報を紹介します。

キャベツの食物繊維が血糖値上昇を抑える

食物繊維とは、人の体内では消化されず、体外へそのまま排出される成分の総称です。食物繊維は身体で吸収されずそのまま大便として排泄されるため、ひと昔前まで無駄なものだと思われていました。しかし、最近では摂取目標が定められるまでになっています。

食物繊維は大きくわけて水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶ける不溶性食物繊維に分かれています。ちなみにキャベツは水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

このキャベツに含まれる水溶性食物繊維は、摂取すると腸内で溶けて腸壁にへばりつき、炭水化物などの糖質の吸収を抑えます。いうならば、腸内の食物繊維で糖質を包んでしまい、大便として糖質ごと排泄しているわけですね。

これにより、糖質の吸収量が低下することで、血糖値の上昇が抑えられ、糖尿病リスクが減少します。そのため、水溶性食物繊維を摂取る事が、糖尿病予防に繋がります。

そして、糖尿病予防に最も効果的な水溶性食物繊維の摂取の仕方が、食事の最初にキャベツを食べる事なのです。

食事の最初にキャベツの葉をまるごと1枚で糖尿病予防

食事の一番最初にキャベツを食べると、あらかじめ水溶性食物繊維を腸内に送ることができます。そのため、あとから炭水化物などの糖質を摂取した際に、普通にキャベツを食べるときよりも糖質の吸収量を抑えることができるわけです。

また、この際には、千切りなどにせず、キャベツの葉1枚をそのままバリバリ食べてしまいましょう。そうすることで、噛む回数が増え、満腹中枢が刺激され、お腹いっぱいになりやすくなり、結果的に糖質の摂取量が減ります。

また、味付けもできる限りつけないようにしましょう。確かにドレッシングやマヨネーズをかけると美味しく感じますが、それはいわば炭水化物が欲しくなる味付け。薄味に慣れて炭水化物の摂取量を減らすためにも、ドレッシングなどの味付けは控えましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の予防