糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

酸化ストレスが原因の糖尿病発症メカニズムを解明 東北大と筑波大が発表

      2017/03/08

糖尿病の原因の1つとして、酸化ストレスが原因で糖尿病が発症していることがわかっていましたが、詳しい事までは解明されていませんでした。しかし今回、東北大と筑波大が脳の酸化ストレスが糖尿病を発症するメカニズムを解明したと発表しました。

こちらでは、酸化ストレスが原因の糖尿病発症メカニズムを解明 東北大と筑波大が発表という情報を紹介します。

脳の酸化が糖尿病を引き起こす

今回東北大と筑波大によって発表されたのは、脳の酸化ストレスがが肥満や糖尿病を引き起こすということです。この発表により、糖尿病や肥満の治療に酸化ストレスからのアプローチが期待されるようになりました。

研究では、抗酸化作用を持つ酵素を発生させるRNA遺伝子の発現を抑えたマウスを比較することで、マウスの視床下部領域における酸化ストレスの役割の解明に成功。

このRNA遺伝子の発現を抑えたマウスを調べると、肥満と糖尿病を発病していることが確認されました。そして、さらに詳しく調べてみると、糖尿病の原因であるインスリン抵抗性肥満抑制ホルモンであるレプチンへの抵抗性が発現。

なぜ、インスリン抵抗性やレプチンの抵抗性があがってしまったのかというと、本来、糖代謝のコントロールを担う脳の視床下部領域にある神経細胞が酸化ストレスにより死滅してしまい、糖代謝のコントロールができなくなってしまったからです。

これらの解析から、まずは視床下部領域における酸化ストレスの増加が肥満や糖尿病を引き起こすことがわかりました。そして次には、逆に視床下部領域の酸化ストレスを軽減させることで、糖尿病や肥満が減少するかを検討。

人間の体でも抗酸化作用の要となっているNrf2因子をマウスの視床下部領域で活性化させたところ、酸化ストレスは減少し、肥満や糖尿病の発症を予防することができたそうです。

これらの結果から、視床下部領域における酸化ストレスが増加すると、神経細胞が死滅してしまい、糖代謝が行えなくなってしまい、糖尿病や肥満を引き起こすことが明らかになる一方、視床下部領域の酸化ストレスを軽減することで、糖尿病と肥満を予防することが発見されました。

今まで酸化作用は、身体に悪いということはさんざん言われていましたが、今回のように糖尿病と関連していたことが明らかになったのははじめて。この研究結果をもとに、新しい糖尿病の予防方法や治療方法の開発に期待されています。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の予防