糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

運動は食後に!食後の運動で血糖値を下げて、糖尿病を予防・治療しよう

   

運動療法 糖尿病

糖尿病の治療や予防では、運動療法が推奨されています。むしろ、血糖値と血圧を下げる運動は、糖尿病の治療では絶対にしなければならない必須事項でしょう。

しかし、この運動というのは、どの時間帯に、どれくらいの強度で、どれくらいの時間をかけるべきなのでしょうか。せっかく運動療法を行うのであれば、効率的にやりたいですねよね!

こちらでは、運動は食後に!食後の運動で血糖値を下げて、糖尿病を予防・治療しようという情報を紹介します。

運動療法は何のために?血圧と血糖値を下げるため!

糖尿病 血圧

糖尿病にかかってしまうと、高血圧と高血糖により血管が詰まってしまい、血管梗塞を引き起こします。これにより、腎臓がダメージを受ければ腎不全、足の血管が詰まれば糖尿病足病変、神経が滞ってしまえば糖尿病性神経障害など、糖尿病の合併症を発症するようになってしまいます。

このような糖尿病の症状は、運動療法によって防ぐことができます。運動は、エネルギー源である血液中の糖分を消費するため、高すぎる血糖値を下げることができるわけです。

このような糖尿病の治療が目的の運動は、1回20分、週に4~5回のペースで続けていく必要があります。また運動の強度は軽く息が上がってしまう程度の強度が必要です。しかし、ゼェゼェ息が上がるほどやってしまうと、運動を継続して行う事ができなくなってしまうので気を付けましょう。

なぜ、20分も運動を続けないといけないのかというと、糖尿病患者の多くは肥満も発症しており、脂肪によってインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性ができあがっているからです。そのため、脂肪を減らすために、ダイエットと同様1回20分以上の運動が必要なんですよね。

運動の時間帯は食後がおすすめ!

糖尿病 カロリー制限

糖尿病の治療や予防のために運動をするタイミングはいつがいいのか?というと、食後の血糖値が上がったばかりのタイミングである、食後1時間程度に運動する事が一番です。

というのも、糖尿病で一番改善しなければならないことは、血糖値が上昇した際のふり幅を下げることだからです。血糖値が上がる食後に、運動を行う事で血糖を消費し、全体的に血糖値の上り幅や下げ幅を滑らかにすることで、糖尿病が改善するわけです。

とはいえ、食事直後に激しい運動をしてしまうと、胃が痙攣してしまい、俗にいう横っ腹が痛い状態に陥ってしまいます。辛い思いをしないためにも、30分ほどおいて胃が落ちついてから、運動を始めることをお勧めします。

このような糖尿病の治療、予防目的の運動は、何よりも継続して行う事が大切です。苦しいという気持ちばかりでは決して長続きしません。運動後心地よい解放感が得られるような毎日継続できる程度の運動から始めてみましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の治療 ,