糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

足の切断はほぼ糖尿病が原因!下肢切断後の寿命は・・・

   

世の中には、足の切断を余儀なくされてしまう事故がありますよね。交通事故であったり、紛争地域では地雷を踏んでしまったり・・・。できれば一生そういった事故にはあいたくないものです。

しかし、現在アメリカでは足の切断の6割が糖尿病が原因だと言われています。日本人の場合ですと、より一層糖尿病になりやすいという体質がありますので、さらに足の切断の割合が高くなってしまいますね・・・。

こちらでは、足の切断はほぼ糖尿病が原因!下肢切断後の寿命は・・・という情報を紹介していきます。

糖尿病で足の切断にいたる理由

糖尿病 壊疽

糖尿病で足の切断になってしまう理由は、糖尿病の合併症である糖尿病性神経障害によるものです。これは、血管が動脈硬化を引き起し、しびれや麻痺などの症状を伴う病気です。

この症状を引き起こしやすいのは体の末端である足です。特に冷え性で足がなかなか温まらないという方は注意が必要です!

動脈硬化を引き起こした足は、痛みや痒みが感じられなくなってしまいます。そのため、傷がついているのに気づけないといった事があるようです。それこそ、靴を脱いだら血まみれだった・・・なんてこともあるぐらいです。

そして、糖尿病を発症すると免疫力が極端に下がり感染症に弱くなってしまう他、血流が阻害されているため傷の治りも悪いという状態になってしまいます。そのため、ほんの些細な小さな傷が、壊疽にまで悪化し、足を切断ということになってしまうんです。

糖尿病性神経症害が原因の壊疽は、患ってしまえば回復は非常に難しいものです。壊疽になる前の小さな傷の段階で適切な治療を行うことが大切です!

糖尿病による下肢切断手術の予後

糖尿病を患っていると、感染症にかかりやすくなってしまいます。そのため、普通の人ができる手術でも、糖尿病では受けられなかったりすることがあります。

これは壊疽の切断手術でも同じことが言え、あまりにも糖尿病が進行しすぎていると手術を行うことができません。手術をしても感染症で死亡してしまう可能性が高いため、病院側がリスクを踏まえて判断することになります。

しかし、手術ができたとしても、その術後の経過はあまりよろしくありません。足切断例の術後30日での死亡率は9%と低い数字ではありませんし、術後5年の生存率は42%と半分以上が死亡してしまっています。

そのため場合によっては、手術を行わず、終末医療へと切り替えることもあります。患者さんやその家族と主治医の判断です。できれば患者さんが元気なうちに治療の方針などを確認しておくといいですね。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の治療 , , ,