糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖質制限で妊娠糖尿病を改善 妊娠糖尿病でも自然分娩が可能に

   

妊娠中に糖尿病の症状が現れる妊娠糖尿病は、自然分娩を難しくさせ、帝王切開やお産自体を諦める事になってしまうリスクがあります。しかし、最近では糖質制限によって妊娠糖尿病が改善できることがわかりました。

こちらでは、糖質制限で妊娠糖尿病を改善 妊娠糖尿病でも自然分娩が可能にという情報を紹介します。

自然分娩が難しくなってしまう妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、読んで字のごとく妊娠中に引き起こされる糖尿病の事をさしています。この妊娠糖尿病は、妊娠とともに血糖値を下げるホルモンであるインスリンが効かなくなってしまい、血糖値のコントロールができなくなってしまいます。

とはいえ、この妊娠糖尿病は普通の糖尿病とはまた違った原理で症状が引き起こされています。というのも、インスリンが効かなくなってしまう原因が、通常の糖尿病とは全く違うんです。

普通の糖尿病は、食べ過ぎや飲みしぐなどからインスリンの過剰分泌が引き起こされてインスリンの抵抗性が上がってしまい糖尿病の症状が現れます。しかし、娠糖尿病の場合、インスリンを阻害するホルモンが分泌されてしまい糖尿病の症状が引き起こされています。

そもそも、妊娠中の体は、赤ちゃんを育てるために糖質(ブドウ糖)を多く摂取させています。さらに、インスリンの効きを悪くすることで脂肪をため込み、お母さんが出産に耐えれるようにエネルギーを確保させています。

そのため、食欲のあまり食べ過ぎてしまうと自身や赤ちゃんの消費以上のブドウ糖を摂取することになり、高血糖を引き起こして妊娠糖尿病となってしまうわけです。

糖質制限とケトン代謝で妊娠糖尿病を改善

このような妊娠糖尿病は、実は軽い糖質制限によって回避することができます。というのも、実は赤ちゃんが必要としているエネルギーは、糖質(ブドウ糖)ではなく、脂肪や筋肉が消費されてできるケトン体である事が明らかになったのです。

このケトン体というのは、血液中のブドウ糖が足らないときに、脂肪を分解して作られる予備のエネルギーです。赤ちゃんは主にケトン体をエネルギー元としており、糖質やブドウ糖といったものはは母体にしか影響していないのです。

そのため、ある程度の糖質制限を行う事で、インスリンの効きが悪い状態でも血糖値の上昇を防ぎ、赤ちゃんの悪影響を気にすることなく妊娠糖尿病を防ぐことができるわけです。

しかし、この糖質制限による糖尿病予防は、まだ医療ガイドラインとして成り立っておらず、糖質制限が病院で指導されることはまずありません。現在の医療システムでは、ガイドラインに沿った治療を行う事こそが、正しい治療だからです。

確かに、母体が糖質制限によって低血糖になってしまうとそれこそ、大きな問題となってしまいます。妊娠糖尿病よりも、妊娠時の低血糖のほうがよっぽどリスクが高いですし、問題があれば訴訟という事になってしまいます。

とはいえ、正しい糖質制限が行われれば、帝王切開やお産をあきらめるリスクを回避できるというのも事実。糖質制限による糖尿病、妊娠糖尿病予防の医療ガイドラインの更新に期待したいですね・・・。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,