糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病治療に必須の運動療法が効かない?運動療法を防ぐホルモンが原因かも

   

糖尿病の治療に必須と言われる運動療法ですが、残念ながら体質的に他の人よりも効かない方もいるようです。実はそんな症状のある方は、運動療法を防ぐホルモンが関係している可能性があります。

こちらでは、糖尿病治療に必須の運動療法が効かない?運動療法を防ぐホルモンが原因かもという情報を紹介します。

運動療法を阻害するホルモン「セレノプロテインP」

金沢大と同志社大、筑波大などの研究チームが、糖尿病や脂肪肝を患っている方が運動療法を行ってもあまり効果が表れない事は、肝臓から分泌されるホルモン「セレノプロテインP」が原因の一つだと発表しました。

この「セレノプロテインP」というホルモンは、もともと金沢大の金子周一教授や篁俊成教授らが2010年に発見。肝臓から分泌されるホルモンで、高齢者や2型糖尿病患者、脂肪肝患者の血液中に多い傾向があり、血糖値を上げる働きがあります。

今回研究チームで行われた実験では、セレノプロテインpを生成しないように遺伝子操作したマウスとそうでないマウスで、1日30分走らせる運動を1カ月継続して比較。すると遺伝子操作されセレノプロテインpを分泌できないたマウスは、そうでないマウスに比べて走行限界距離が約2倍長く、インスリンの血糖低下作用が大きかった。

また、健康な女性に運動してもらう実験でも、セレノプロテインPの血中濃度が高い場合は、最大酸素摂取量が低く、運動効果があがらなかったそうです。

これらのことから、糖尿病患者のセレノプロテインPを測定することで、運動療法の効果を事前に把握することが可能になると言います。さらに、肝臓から分泌されるセレノプロテインP抑制することで、運動療法の効果をあげる増強剤ができる可能性もあります。

運動療法 糖尿病

まだまだ先の話ですが、いずれ面倒な運動療法がもっと軽い運動に成り代わるかもしれません。しかし、残念ながらそれはまだ未来の事!それまでは、糖尿病予防、糖尿病の悪化をふせぐために、効率が悪くても頑張って運動療法を続けていきましょう!

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,