糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病の食事指導 日米で違い 糖尿病を引き起こすのはカロリーではなく糖質

   

糖尿病といえば辛い食事療法。日本では、カロリー制限を食事療法としてとりいれていますが、アメリカでは糖質制限が主流になりつつあるようです。

こちらでは、糖尿病の食事指導 日米で違い 糖尿病を引き起こすのはカロリーではなく糖質という情報を紹介します。

アメリカでは脂質が原因だと言われていた糖尿病

先進国では車社会になるにつれて一気に人の運動量が減ってしまいました。そのため高血や、肥満、そして糖尿病が爆発的に増えてしまう事になりました。

そんな中、アメリカでは食生活において、何が原因で糖尿病や肥満が引き起こされているのかとう議論が起こります。そして主流であったのは「肪摂取過剰が生活習慣病の主な原因である」とする考え方でした。

というのも、当時の糖尿病や生活習慣病の患者では、肥満によって脂肪がため込まれ、血管に脂肪が張り付き動脈硬化が引き起こされて居たうえ、動物実験でウサギに脂肪が豊富な卵を食べさせたら動脈硬化が起こったからです。

そのため、アメリカ政府は1986年から、生活習慣病を避けるためにコレステロールの摂取量を下げる事を推奨していくこととなりました。ちなみに、このコレステロールを悪とする考え方は日本にも広がっていますね。

そして、コレステロールの摂取を控えたアメリカ人はは脂肪摂取量は大幅に減ることとなりますが、逆に糖質である炭水化物の消費量が増えてしまいます。その結果、なんと脂肪摂取量が減ったにも関わらず、肥満や生活習慣病、糖尿病患者が爆発的に増える事になったのです。

糖質の過剰摂取が糖尿病の原因に

アメリカでは、脂肪摂取量を抑えるために、「炭水化物の推奨摂取比率60%」と定めていました。これは、摂取カロリーのうち60%を炭水化物から得ようというものです。

しかし、1993年に1型糖尿病患を対象にした大規模研究で、糖質摂取量が病勢を決めるということが明らかになりました。そのため、アメリカの糖尿病患者の食事では、炭水化物の推奨摂取比率は40%まで引き下げられました。

このころからアメリカでは、糖質制限こそ糖尿病の食事療法のではないか?という声がささやかれることとなります。アメリカ糖尿病学会では、糖質制限をもとにした食事療法に舵をきっていくようになります。

そしてついに2008年にはアメリカ糖尿病学会は、1年間の期限付きの糖質制限であれば、糖尿病の食事療法となりえると発表。さらに、2013年には期限を設けない糖質制限が糖尿病の食事療法となりえると公式に提言。糖尿病治療における食事療法は糖質制限という事が広がりました。

しかし、日本糖尿病学会では同じ年の2013年に糖質制限を推奨できないと公式に提言。今でもカロリーベースの食事療法がおこなわれています。カロリー摂取を減らすことは確かに大切です。しかし、カロリーよりも糖質に目を向ける事でより正しくより楽な食事療法を実践することができるようになるのです。

糖尿病の食事療法を実践していく際にはカロリーだけではなく、糖質にも目を向けるようにしたいですね・・・。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,