糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病の運動療法と糖尿病に効く運動方法

   

運動療法 糖尿病

糖尿病の治療には、体を動かして消費カロリーをあげる運動療法と、摂取カロリーを抑える食事療法がおこなわれ、さらに必要であれば薬物療法がおこなわれます。

そんな糖尿病治療の中でも一番効果が高い治療方法が運動療法です。今まで体を動かしていなかった方が、いきなりチャレンジするのは難しいですが、運動療法と食事療法を行う事で初期の糖尿病であれば、大きく改善することができます!

こちらでは、糖尿病の運動療法と糖尿病に効く運動方法を紹介していきます。

糖尿病の治療 運動療法

糖尿病の運動療法を行う事で、消費カロリーを上げ血液中に含まれる糖分を筋肉や細胞にまで吸収させ、血糖値を下げる事ができます。この運動療法はドロドロの血液をサラサラにするものなので、動脈硬化に対しても効果があります。

運動療法の効果として血糖値が下がる効果以外にも、筋肉が増える事で基礎代謝があがり、寝ていても消費されるカロリーが増えるといった効果もあります。運動不足な方ほど伸びしろがありますので、頑張って続けていきましょう。

ちなみに、日本国内では、糖尿病患者が増えてきた理由の1つに、デスクワークの仕事が増加しているという指摘がなされています。運動量が減る事は、それだけで消費カロリーが減ってしまい、血糖値を上げる事になってしまっていたわけです。

糖尿病に効果的な運動方法

糖尿病に効果的な運動方法は、有酸素運動を最低15分間、できれば40分、息があがる程度の運動です。この運動を最低でも1周間のうち3日、できれば毎日続ける必要があります。

運動療法 ジョギング ウォーキング スイミング

具体的な糖尿病に効果的な有酸素運動といえば、ウォーキング、ジョギング、スイミング、サイクリングなどでしょうか。しかし、息がゼーゼーあがってしまうような運動をしてしまうと、血圧が急上昇する上、辛くて長続きすることはありません。終わった後、心地よい疲労感を感じる程度の運動にしましょう。

また、このような運動を始めようとする際、1日サボってしまうと、次回の運動が億劫になってしまいます。そして、糖尿病を患ってしまうような方は、意思が弱い事を自認しているのではないでしょうか?運動を毎日続けることで習慣づけてしまえば、継続することができますので頑張りましょう!

合併症を併発した糖尿病では運動療法が使えない事も

運動療法は糖尿病の治療に効果的なのですが、糖尿病が進行し、合併症を併発してしまうと、逆効果になってしまうこともあります。というのも、運動後の血液は、発汗のため水分が失われてドロドロしているため、動脈硬化を促してしまう可能性があるからです。

また、血糖値のコントロールが全くできていない重度の糖尿病の場合、運動によってインスリンのホルモンバランスが余計に崩れてしまい、糖尿病の症状が悪化してしまいかねません。重度の糖尿病の場合まずは、血糖値のコントロールを薬物治療で行う必要がありますので、主治医と相談してから運動療法を始めましょう。

とはいえ、軽度の糖尿病では間違いなく運動療法が効果的です!日頃動いていない方ほど効果はあるといっても過言ではありません。今からでも運動療法を試してみましょう!

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 未分類