糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病の血糖治療薬 4種類の糖尿病の飲み薬で糖尿病を改善

      2016/04/26

糖尿病の治療では、血糖値を下げるための経口薬が処方されることがあります。糖尿病の経口薬にはインスリンの抵抗性を改善する薬インスリンの分泌を促す薬尿から糖の排出を促す薬食後の血糖値を改善する薬の4種類の治療薬があります。

どの治療薬も血糖値を下げる目的で使われており、糖尿病の治療ではかかせないものです。しかし、薬での治療以上に運動療法、食事療法が大切であることは忘れてはいけません。

こちらでは、糖尿病の血糖治療薬 4種類の糖尿病の飲み薬で糖尿病を改善を紹介していきます。

糖尿病の治療薬 経口血糖降下薬の種類

前述したとおり、糖尿病の治療薬には4種類のものがあります。それぞれ、インスリンの抵抗性を改善する薬インスリンの分泌を促す薬食後の血糖値を改善する薬尿から糖の排出を促す薬です。

それぞれの薬の効果と副作用がありますので、説明していきます。ちなみに、どの薬も飲み忘れることは絶対に避けなければなりません。処方された薬を正しく飲めるように、日頃の生活習慣も変えていきましょう。

インスリン抵抗性を改善する薬

糖尿病を患ってしまうと、体に血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンに対して抵抗性ができてしまい、血糖値が下がらなくなってしまいます。そのため、インスリンの抵抗性を改善するための治療薬を処方されることもあります。

インスリン抵抗性改善薬にはビグアナイド系チアゾリジン系の2種類に分かれています。それぞれインスリンの抵抗性を改善するという効果は同じでも、副作用が違い、それぞれの症状によって使い分けられています。

ビグアナイド系では、グルコラン、メトグルコ、ジベトスという経口薬が処方されています。しかし、肝障害、腎障害、心障害を持っている方では、乳酸アシドーシス(血液に乳酸がたまる病気)を引き起こす可能性があり、使用は控えられています。

チアゾリジン系では、アクトスという経口薬が処方されています。副作用には浮腫みと体重増加といった面があり、より一層の食事療法が必要です。

インスリン分泌を促す薬

糖尿病になってしまうと、インスリン抵抗性ができてしまうのと同時に、インスリンの分泌量が減ってしまいます。そのため、糖尿病の治療薬には、インスリンの分泌量を促すインスリン分泌促進薬が処方されることもあります。

インスリン分泌促進薬には、オイグルコン、ダオニール、グリミクロン、アマリールという経口薬が処方されています。薬効としてはオイグルコン、ダオニールが強く、アマリールには中程度の薬効とインスリン抵抗性改善作用があります。

これらインスリンの分泌促進薬は、適切に扱わないと低血糖を引き起こす危険性もあります。そのため、必ず、適切な食事量と運動、そして、薬を決められたタイミングで飲むということを徹底しましょう。

食後の高血糖を改善する薬

糖尿病の治療では、食後の急激な血糖値の上昇を抑えるためのインスリン分泌促進薬が用いられます。このうち食後の血糖値を下げるためのものを食後血糖降下薬、食後の血糖値の上昇を穏やかにするものを、食後過血糖改善薬といいます。

食後血糖降下薬では、ファスティック、スターシス、グルファスト、シュアポストが使われています。通常のインスリン分泌薬と違うところは、摂取した15分後にはインスリン分泌の効果が出始めるという点。これにより、食後の血糖値を下げるわけですね。

食後過血糖改善薬では、グルコバイ、ベイスン、セイブルといった薬が処方されています。食後過血糖改善薬は糖分吸収を抑えることで、血糖値上昇を抑えています。しかし、副作用として消化できなかったものが溜まってしまい、下痢などを引き起こすこともあります。

尿への糖分排出を促す薬

糖尿病は、尿に糖が降りてきてしまう病気です。しかし、糖分を尿として排泄することで、血糖値を下げることができるわけです。そして尿への糖分排出を促す薬をSGLT2阻害薬といいます。

SGLT2阻害薬では、スーグラ、フォシーガ、ルセフィ、デベルザ、アプルウェイ、カナグル、ジャディアンスといった薬が処方されます。しかし、残念ながら既に腎障害を患ってしまっている場合では、尿生成事態が不可能になってしまっているため使用できません。

副作用としては、湿疹や紅斑などといった症状があげられています。また、利尿剤と併用した方の死亡例も報告されています。

糖尿病の一番の治療薬は、運動療法と食事療法

運動療法 糖尿病

ここまで糖尿病の飲み薬である血糖治療薬について説明してきました。しかし、糖尿病の1番の治療薬は、運動療法と食事療法であることはかわりません。

いくら治療薬を飲んだとしても、原因である食べ過ぎや運動不足が解消されない限り、糖尿病は進行してしまいます。糖尿病の治療薬はあくまで、運動療法と食事療法のサポートで使うものなのです。

そもそも、糖尿病の治療薬が処方される段階というものは、食事療法と運動療法での治療が間に合わなくなってしまった時。言ってしまえばそろそろ後が無くなっていますよという最終宣告のようなものなわけです。

後々後悔しないためにも、薬物療法がはじまったとしても、運動療法と食事療法は必ず続けていきましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の治療