糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病の壊疽とは?下肢切断の主要原因の壊疽に注意

   

糖尿病では、神経障害、血管障害、免疫力の低下などの理由により、壊疽を引き起こしてしまう事があります。

この壊疽は、通常であれば血行再建術による治療で回復することもあります。しかし、糖尿病は引き起こす壊疽では、神経と血管の複合的な障害によるものなので、血行再建術の治療が使えません・・・。

こちらでは、糖尿病の壊疽とは?下肢切断の主要原因の壊疽に注意という情報を紹介していきます。

壊疽の症状

壊疽 糖尿病

壊疽の症状は、神経障害血管障害により栄養が送られなくなった細胞が死滅し、その場所が腐ったように壊死してしまう事で引き起こされます。壊疽を引き起こした場所は黒く変色し、腐ったような匂いがするようになります。

糖尿病によって引き起こされる壊疽のきっかけは、本当に些細な傷であることが多いです。巻き爪、魚の目、たこ、イボ、靴の中に入った小さな小石による裂傷などなど。こんなことで、ということで壊疽を発症してしまいます。

正常な方であれば放置していれば治る傷でも、糖尿病を発症していると神経や血行不良により傷の治りが悪くなり、抵抗力の低さで感染症になってしまい、壊疽となってしまうんです。

また、壊疽を引き起こした場所では抵抗力が全くないため感染症を引き起こしてしまいます。そして、感染症による毒素によって、さらに壊疽が広がる事に・・・。本当に小さな傷から指一本、足一本持っていかれてしまいますので、気を付けなければなりません。

ちなみに、糖尿病以外で引き起こされる壊疽は、プレス機などで指を詰めた事により神経や血管を傷つけてしまった場合や、長期間の凍傷でのダメージによって引き起こされています。

糖尿病で引き起こされる壊疽と予防方法

糖尿病で、壊疽が引き起こしやすいと言われているのは、です。何せ、足にできる壊疽専用の病名、糖尿病性足病変というものがあるぐらい。

なぜ、糖尿病で足の壊疽を引き起こすのかというと、糖尿病だと、足に痛みを感じないほど血行や神経が悪くなってしまっているからです。具体的にどれぐらい足の感覚が弱まるかというと、素足で画鋲を踏んでも気付かないほど・・・。

そのため、いつの間にか壊疽ができており、いつの間にか壊疽が広がっていた・・・なんて事になってしまうのです。ちなみに、糖尿病で壊疽を引き起こしてしまうと、ほぼ切断するほかありません・・・。

しかも、相当重度な糖尿病では、免疫の抵抗力すらなくなっているため、手術をしても感染症による被害が大きくなってしまいます。そのため、切断手術すら断られるようになってしまいます。こういった意味では切断できるだけまだましなんですよね・・・。

このような壊疽を予防するためには、毎日痛みを感じない足を、傷がないか実際に目でみてチェックするほかありません!小さな傷が感染症を引き起こさないように、消毒、保湿などの手入れを心がけるようにしておきましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について , ,