糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病の合併症の症状がでる時期は?糖尿病の合併症と症状

   

糖尿病 合併症

糖尿病で一番恐ろしいのは、糖尿病の症状ではなく、糖尿病によって引き起こされる数多くの合併症です。

手足の欠損や、失明人工透析など、糖尿病の合併症は、後の生活の質を著しく下げるものばかり。この合併症の症状が出ている時期というのは、本当に糖尿病の末期といってもいいでしょう。

こちらでは、糖尿病の合併症の症状がでる時期は?糖尿病の合併症と症状の情報を紹介していきます。

糖尿病の症状と合併症の時期

合併症の多くの症状は、糖尿病の末期にあらわれるものばかりです。糖尿病によって腎臓免疫機能血管などが壊されてしまった結果、合併症を発症するので、気づいたときには糖尿病だったという事が多いんですよね。

以下に糖尿病の症状、糖尿病の合併症の症状、それらの症状が現れる時期を紹介していきます。まだ初期の糖尿病であれば、運動療法と食事療法で健康な生活を取り戻せますので、怪しいと思ったら、日々の生活習慣を見直しましょう。

糖尿病の初期は体調的な症状

喉が以上に渇く、トイレに頻繁に通う
糖尿病の初期症状として一番多いのは、この喉が渇く事と、トイレに頻繁に通うという事。糖尿病になってしまうと、血糖値が高くなっており、血液がドロドロ。そのため、水分で補おうと喉が渇いてしまうわけです。

手足のしびれ
手足のしびれを感じるというのも糖尿病の初期症状のひとつです。これはドロドロの血液によって、血流が阻害されてしまっているというもの。悪化すると、動脈硬化に陥り、手足の欠損、脳卒中、心筋梗塞へとなってしまいます。

体が疲れやすい、ずっと疲れている
体が疲れやすい、慢性的に疲れているのは、糖尿病の症状によって、血液中の糖分をエネルギーに変えられ無くなってしまった際に陥ります。他人よりも疲れやすいと感じる方は、注意しましょう。

傷が治りにくい
傷が治りにくく、肌に湿疹や傷が多くなってしまうのも、糖尿病の初期症状の1つです。これは、免疫ホルモンが生成される腎臓が弱まっているためです。アトピーだと思ったら糖尿病だった!なんてこともありえるわけですね。

性欲がわかない
おじ様方で以外と多いのが、性欲がわかないという症状。歳のせいか息子の元気がない・・・。と思っていたら糖尿病だった!なんてことも。実際にEDの治療で病院に行ったら、糖尿病です!と診断された方もいるそうですよ。

糖尿病の末期の症状は合併症

糖尿病3大合併症

体調的な糖尿病の症状は、糖尿病の時期でいうと初期段階から現れています。です。この時点で、運動療法と食事療法を続けていけば、比較的健康状態を維持することができます。

しかし、以下の症状は、糖尿病の時期でいう末期です。腎臓血管免疫機能が破壊されてしまった際に陥る、糖尿病の合併症の症状です。

糖尿病網膜症
日本人の失明原因の第1位がこの糖尿病網膜症です。これは、目の毛細血管が詰まる事により、引き起こされます。目の血管が詰まってしまうと、人の体は新しい血管を作り細胞へと栄養をバイパスします。しかし、このできたばかりの血管は破れやすいんです。

そのため、血管がすぐ破れてカサブタになってしまい、網膜剥離へとつながってしまうわけです。網膜剥離までなってしまう期間は糖尿病発症後、5年から10年とされています。

糖尿病腎症
糖尿病腎症とは、血液をろ過しおしっことして排出するための腎臓が機能しなくなってしまうものです。腎臓は徐々に弱まっていくもので、糖尿病の初期でも、おしっこが泡立つ(泡立ちが消えないものは要注意!!)などの症状が出る事もあります。

完全に腎臓の機能が破壊されてしまうと、血液をろ過するために、1週間に2回、4時間ほどの人工透析を、一生続けなければなりません。ちなみに、この人工透析の患者の95%は糖尿病患者です・・・。

糖尿病神経障害
糖尿病神経障害は、初期症状であった手足のしびれが酷くなってしまったものです。しびれがジンジンとした痛みに変わり、悪化してしまうと、麻痺状態になってしまいます。

この糖尿病神経障害によって、痛みに鈍くなってしまい、いつの間にか怪我をしていたなんてこともあります。そのため糖尿病神経障害は糖尿病は傷が治りにくいという症状とともに、手指、足指の欠損の1つの原因になっています。

糖尿病性足病変
糖尿病神経障害の神経障害が足で引き起こされてしまうと、糖尿病性足病変という症状になります。特に糖尿病の神経障害は足に出来やすいため、専用の病名がつけられています。

その理由は、指先などはいつも目にし、使用するのですが、足まで気がまわらないという点です。糖尿病の症状として痛みや間隔すら無くなってしまいますので、靴ずれや足の傷、感染症には常に気を配らなければなりません。

感染症

糖尿病になると免疫力が低下し感染症にかかりやすくなってしまいます。特に感染症として気をつけなければならないのは足。小さな傷から水虫や黄色ブドウ球菌が繁殖してしまい、壊疽や切断といった事態になってしまいます。

また、股間には糖分を含む尿の残りが付着してしまい、カンジタが繁殖シてしまうこともあります。感染症は、人に伝染ることもある病気ですので、発症したら恥ずかしがらずに病院にいきましょう。

動脈硬化

血糖値や血圧が高くなる糖尿病は、血管を傷つけてしまい、動脈硬化を引き起こします。動脈硬化を引き起こすと、脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクが上がってしまい、非常に危険です。

認知症

糖尿病と認知症はなんの関連性が無いと思われそうですが、動脈硬化などの血管のつまりは、認知症の発症リスクも増加させてしまいます。特に糖尿病を発症した高齢の女性に多いようです。

糖尿病の治療である食事療法と運動療法を続けていれば、根本の原因である動脈硬化もろとも予防することができますので、頑張って続けていきましょう!

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について , , , , ,