糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病の原因はお酒?糖尿病の治療は禁酒が基本!アルコールの糖尿病リスク

   

お酒

お酒の飲み過ぎは肝臓に負担をかけてしまい、肝硬変肝臓がんを引き起こす事はよく知られています。しかし、その他にもお酒の飲み過ぎは、糖尿病を引き起こす可能性が高いという事はご存知でしょうか?

というのも、お酒には大量の糖分が含まれている、利尿作用によって水分を失い血液がドロドロになってしまう、血圧を上げてしまうなど、肝臓だけではなく、腎臓にも悪影響を与えてしまうからです。

こちらでは、糖尿病の原因はお酒?糖尿病の治療は禁酒が基本!アルコールの糖尿病リスク という情報を紹介していきます。

糖尿病の治療では禁酒が基本

禁酒

糖尿病の治療では、禁酒が基本です。何故ならば、アルコール飲料は総じて高カロリー高血圧を引き起こしやすい、食欲を促進させてしまう飲み物からです。

ビールの一本のカロリーは、140キロカロリーと意外と多いんですよね。しかも酔いの気分に合わせて、気づかぬうちに何本も開けてしまいガチ。それではいくら食べ物の摂取カロリーを抑えていても、糖尿病のリスクは増える一方です。

また、アルコールの飲み過ぎは、血圧が高くなってしまい、血管にダメージを与える事にもなってしまいます。傷ついた血管では、糖分や脂質がこびりつき、余計に糖尿病のリスクが高まってしまいます。

そしてアルコールと一緒に口にするおつまみ!酒飲みに愛されるおつまみというものは、どれも塩分濃度が高く、糖尿病患者では控えておきたいものばかり。アルコールが進むほどおつまみの消費も増えていませんか?

毎日、飲んでいるという方というのは、それだけで糖尿病のリスクが高まってしまいます。できるなら禁酒!無理ならアルコールを摂らない休肝日を設けて、飲酒を抑制していきましょう。

アルコールの利尿作用で血液がドロドロに

お酒の席では飲んでいるとトイレが近くなると言うことはありませんか?これはアルコールの利尿作用によって、尿の排出を止めるホルモンが抑制されてしまい、水分のあるなしに関わらず尿を排出を促しているためです。

通常の状態であれば、身体の水分量や血糖値などを基準に尿は排出されます。しかし、アルコールを摂取していると、基準は関係無く尿が出てしまうことになります。

そのため、高い度数のお酒を飲む続けることで、飲んでいるにも関わらずどんどん水分は失われてしまい、水分不足の後に血液がドロドロになってしまいます。

また尿の生成で一番酷使されるのは腎臓です。お酒に含まれる糖分やカロリーは意外と多く、ドロドロの血液と合わさって一層腎臓が傷ついてしまうことに!

水分補給

腎臓を休めるためにも、アルコールの摂取が多いように感じた際には、しっかり水分も取るようにしましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について , , ,