糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病になったら、足に注意!痺れや麻痺が、壊死と切断に

   

糖尿病を患ってしまうと、血管が詰まってしまい、痺れ麻痺を引き起こします。特に痺れや麻痺が起こりやすいのは足。足の感覚が鈍かったり、痺れていたり、麻痺している場合、痛みすら感じません。

足の痛みを感じないという事は、メリットのように思えますが、実際のところは非常に危険な状態。特に傷の治りが悪い糖尿病では、1つの足の傷が、壊死、切断といった事になりかねません。

こちらでは、糖尿病になったら、足に注意!痺れや麻痺が、壊死と切断に の情報を紹介していきます。

糖尿病になると足の感覚がなくなる

糖尿病になると、足の感覚が鈍くなり、痺れ麻痺を感じるようになります。その理由は、血糖値や血圧の増加による血流障害。糖尿病は、尿を作る腎臓だけでなく、血管にもダメージを与えてしまうんです。

糖分や高血圧でダメージを受けた血管の壁には、脂質や糖分がへばりつき、血管を塞ぐようになってしまいます。そのため、麻痺や痺れを感じるほかにも、傷の治りが悪くなるなどの悪影響を受けます。

この糖尿病の血流障害を最も受けやすいのは足!理由は、心臓から最も遠いというのもありますが、何より自分で異常を認識しずらいという点があげられます。

これが手であれば、麻痺や痺れで不自由さを感じ、病院にもいくものですが、足の指が不自由だな?なんて思わないですよね。この甘さこそが、足の壊疽や切断といった取返しのつかない事態を引き起こしてしまうんです。

糖尿病で足の切断の診断された例

糖尿病 足 壊疽

靴底に出血の跡があったが痛みが無く放置していた例
靴底に出血の跡が見られたが、痛みも無かったので放置していた方が、その傷から感染症を発症。後に壊疽を引き起こし、切断と診断。糖尿病の場合、感覚が鈍くなっている事もあり、痛みを感じません。毎日お風呂場などで足をチェックしましょう。

靴擦れから感染症になってしまった例
靴連れが原因で足指に傷を負い、感染症を引き起こし、足指の切断となってしまった例です。糖尿病を患っていないときであれば、靴連れは些細な傷ですみますが、糖尿病ですとそうはいきません。小さな傷でも注意しましょう。

ストーブに足を向けて寝ていたら、火傷を負ってしまった例
冬場に足が寒くて眠れないと、ストーブに足を向けて寝ていたら、火傷を負ってしまった例です。糖尿病を患っていると手足が冷え、夜眠れないという方が多いんです。しかし、糖尿病を患っている方の足は、感覚がマヒしており、火傷の痛みに気づけません。

広範囲に渡る足の火傷は膝下からの切断という診断を下される可能性もあります。小さな火傷と自己判断を下さず、病院でしっかり治療することをお勧めします。

糖尿病を患ってしまったら毎日自分の足をチェックしよう

糖尿病 足 チェック

糖尿病でありがちな足の切断は、どれも些細な傷が原因で引き起こされます。水虫、巻き爪、靴擦れ、火傷など、普通の人からは些細な事でも、糖尿病を患っていると、足の切断のリスクが高いという事を認識しなければなりません。

このような些細な傷を見つけるためにも、毎日定期的に自分の足をチェックする習慣をつける事をお勧めします。毎日お風呂のタイミングで傷は無いか裏表しっかり見て確かめましょう。

普通の人のように感覚や痛みに頼ったチェックは、麻痺や痛覚が鈍っている糖尿病患者ではあてにしてはいけません。痛くないから大丈夫!というのは健常者だけの話!という事を肝に命じておきましょう!

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について , , , ,