糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病と汗の関係 糖尿病になると汗が臭い 汗が止まらないその理由は?

   

糖尿病になると、食後に汗が止まらなかったり汗が臭うようになってしまいます。その理由はいったいなぜなのでしょうか?

こちらでは、糖尿病と汗の関係 糖尿病になると汗が臭い 汗が止まらないその理由は?という情報を紹介しhます。

糖尿病になると汗が臭う

糖尿病の方の汗は、普通の方よりも甘酸っぱい匂いがします。この甘酸っぱい匂いの正体は、ずばりケトン体!このケトン体とはどういったものなのでしょうか。

このケトン体という物質は、体の筋肉や脂肪を分解した際に発生します。具体的にどういう時かというと、血液中の糖エネルギーが足らなくなってしまった時。血糖値が足らなくなってしまった際に、予備のエネルギーとして脂肪や筋肉を分解してエネルギーを絞り出しているわけです。

特に痩せるために運動や食事制限をおこなうダイエットでは、脂肪の分解を目的としていますので、このケトン体特有の甘酸っぱい匂いがします。そのため、この甘酸っぱい匂いの事をダイエット臭なんていう事もあります。

しかし、糖尿病の方の場合ですと、ケトン体が分解される仕組みが全く違います。

糖尿病の方の場合、血糖値が高い状態にも関わらず、糖代謝を行うインスリンが分泌されません。そのため、糖エネルギーが余っていても使用することができず、その代わりに脂肪や筋肉を分解してエネルギーとして使用してしまうのです。

そのため、特に運動をしていないにも関わらず、脂肪や筋肉をエネルギーとして消費することになってしまい、汗からケトン体の臭いがするようになってしまうわけです。

ちなみに、このケトン体が分泌されるようになっているという事は、食べても食べても太らない状態になってしまっています。羨ましいと思うかもしれませんが、実際には糖尿病の危険な症状です。自覚のある方は一度病院に行って検査を受ける事をお勧めします。

糖尿病になると汗が止まらない

糖尿病になってしまうと、汗が臭うほかにも、汗が止まらなくなってしまう症状が現れます。この原因は、糖尿病神経障害により自律神経が壊れており、常にアクセル踏みっぱなしの状態になってしまうからです。

本来、汗や代謝といったものは、自律神経によって制御されています。交感神経が優位になればより活動的に、副交感神経が優位になれば不活動的になります。

しかし、糖尿病の合併症である糖尿病神経障害を患っていると、自律神経にダメージを受けてしまい、汗や代謝といったものが制御不能になってしまいます。そのため、汗をかくタイミングや汗を止めるタイミングといったものが適切に判断できなくなってしまうわけです。

糖尿病の異常な汗をかくタイミングとして多いのは、食事中や食後の汗です。この場合の汗は、全身から出るものではなく、頭、顔、首筋から流れてきます。辛い食べ物や香辛料が効いているわけでもないのに、食事中に異常な汗をかく方は注意が必要です。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 未分類 ,