糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病で足を切断する理由とは?足の血行が悪くなり神経が鈍くなる糖尿病足病変とは

   

糖尿病を患ってしまうと、高血糖と高血圧により血管が詰まり、血管の梗塞を発症してしまいます。このような症状を放置していると、腎臓が壊されてしまったり、目の血管が破れて目が見えなくなってしまうという糖尿病の合併症を引き起こしてしまいます。

特に気を付けたいのは足の血管が詰まる事で引き起こされる、糖尿病足病変です。この合併症が悪化してしまうと、感染症や壊疽を発症することもあり、最悪、足の切断という事になってしまいます。

こちらでは、糖尿病で足を切断する理由とは?足の血行が悪くなり神経が鈍くなる糖尿病足病変とはという情報を紹介していきます。

糖尿病で足を切断する理由は糖尿病足病変

足 切断

糖尿病で足を切断してしまう理由は、糖尿病の合併症である糖尿病足病変が原因です。この糖尿病足病変は、糖尿病の3大合併症にも数えられており、糖尿病ではメジャーな症状です。

糖尿病足病変は、糖尿病が進行し血管が詰まってしまう事で傷の治りが悪くなる事や、免疫力が下がり感染症にかかり易くなってしまう事、神経が詰まってしまい足の感覚がマヒしてしまう事によって引き起こされています。

特に気を付けたいのは足の感覚のマヒ。どれくらい感覚がマヒしてしまうのかというと、画鋲を踏みつけても気づかないほどなんだとか。そのため、足の感染症や壊死などの異常にまったく気づけず、気付いた時には切断するほかなかったという事になるわけです。

傷が治らない+感染症+気づかない=足の切断に

糖尿病 壊疽

そもそもなのですが、糖尿病にかかってしまうと、傷の治りが悪くなってしまいます。これは、高血圧、高血糖で血液が循環せず、カサブタを作る血小板を傷口に届けられなくなってしまうからです。そのため、なかなか傷が塞がらず、傷が慢性化してしまいます。

また、高血糖、高血圧な状態は血液のろ過臓器である腎臓にダメージを与えています。この腎臓は、免疫力のコントロールを行うホルモン分泌する臓器でもあります。そのため、糖尿病の治療が行われず、腎臓のダメージを蓄積すればするほど、免疫力のコントロールが後回しになってしまい、免疫力が下がってしまうわけです。

この状態の何がまずいのかというと、傷口がなかなか塞がらないにも関わらず、免疫力が落ちてしまう事で、より一層感染症にかかりやすくなってしまっている点です。この状態を放置してしまうと、靴擦れ、蚊に刺されて掻いてしまった後など、ささいな傷で壊死を引き起こしてしまいます。

そして、何よりも恐ろし事は、感覚マヒにより壊死に至る傷に気づけないという点!実際に感覚で頼るよりも、目で見て確認することが大切です。毎日お風呂場などで足をチェックする習慣をつけましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,