糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病で足を切断する理由とその予後 足を切断した後、5年生存率は50%

      2017/04/25

糖尿病を発症してしまうと、高血糖や高血圧により血流が阻害されて、足などに異常をきたします。この症状は悪化すると糖尿病の合併症である「糖尿病足病変」を発症し、足の切断を強いられる事もあります。

糖尿病足病変によって足を切断した予後は5年生存率が50%とあまりよくはありません。さらに、人工透析を受けている方で足の切断という事になってしまうと、1年生存率が50%、5年生存率が15%という事になっています。

こちらでは、糖尿病で足を切断する理由とその予後 足を切断した後、5年生存率は50%という情報を紹介していきます。

なぜ糖尿病で足を切断?

糖尿病 足 切断 糖尿病性神経障害

糖尿病を発症すると、高血糖や高血圧により血管が詰まる動脈硬化を引き起こします。動脈硬化が心臓付近で起きると心筋梗塞、脳で起きると脳梗塞は有名ですが、糖尿病では下半身にできる血管の梗塞で、糖尿病足病変というものがあります。

この糖尿病足病変は、その名のとおり足に症状が現れます。最初は徐々に感覚がマヒしていく程度ですが、次第に痛みや痒みすら感じられなくなります。ちなみに、どれくらい痛みに鈍感になるかというと、画鋲を踏んでも気付かないほど・・・。恐ろしいですね。

さらに糖尿病では、血流が悪くなる事で傷の治りが悪くなる、免疫力が弱まり感染症にかかり易くなるなどの症状が現れます。これにより、糖尿病患者の足では、水虫や靴擦れずれなどの小さな傷から感染症を発症していることが多いんです。

そして、感覚の鈍った足では、感染症が重症化しても気づけないんです・・・。そのため、足の異常に気づいた時には壊死、壊疽を引き起こしており、切断するほか無い・・・ということになってしまうわけです。

糖尿病で足を切断した予後の寿命が短い理由

糖尿病によって足を切断した方の予後はあまりいいものではありません。というのも、糖尿病を発症して足を切断した方では、5年間の生存確率は40%から60%だと言われているからです。

なぜ、足を切断すると寿命が短くなるのかというと、1つは動けなくなることにより、糖尿病の治療である運動療法が行えなくなってしまうからです。足を切断することで、より一層体を動かさなくなってしまい、糖尿病を悪化させてしまっています。

また、足の切断手術自体にも感染症の危険性があり、世界では10%ほどが切断後30日で死亡しています。そのため、日本ではそもそも切断手術すら受けられないなんてこともありえます。

ちなみに、腎不全を引き起こし人工透析を受けている患者の場合、足切断後の1年の生存率は50%と大幅に下がります。これは感染症などのリスクもありますが、動けない上に人工透析を強いられてしまい、生きる気力をなくしてしまうという理由もあります。

このような糖尿病による足切断を防ぐためにも、必ず毎日、足の傷をチェックしましょう。毎日のチェックと適切なケアが足の切断を防ぐことにつながります。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の治療 , ,