糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病で控えたいお菓子 どれくらいなら食べていいの?

   

糖尿病 お菓子

糖尿病を発症してもなかなか辞められないお菓子などの嗜好品。我慢しなければいけないと思えば思うほどたべたくなってしまいますよね。実際、お菓子はどのくらいの量なら食べてもいいのでしょうか?

こちらでは、糖尿病で控えたいお菓子 どれくらいなら食べていいの?という情報を紹介します。

糖尿病で控えたいお菓子

糖尿病の治療は、食事療法という食事制限が行われます。この食事制限では、糖尿病の症状にもよりますが一日1600キロカロリー程度に抑えるように指導されます。

1600キロカロリーがどれくらいかというと、わかりやすい基準となるものが約500キロカロリーのマクドナルドのテリヤキバーガーです。1つ500キロカロリーのテリヤキバーガーを朝昼晩と3回食べたら1500キロカロリーと、残り100キロカロリーしか余裕がありませんね・・・。

しかし、それにもかかわらずお菓子を食べてしまうと一気にカロリーオーバーしてしまいます。というのもお菓子に含まれているカロリー量は以外と多いんですよね。

非常に多いお菓子に含まれているカロリー

例えば、スナック菓子の中でも最も人気であろうポテトチップスのカロリーは大人の食べきりサイズである一袋60グラム入りのもので337キロカロリーです。テリヤキバーガーが500キロカロリーと考えると非常に多いと思いませんか?

菓子パンなどもテリヤキバーガー同様カロリーを多く含んでおり、ほとんどが400キロカロリーを超えています。そんなものをオヤツ替わりにパクパク食べてしまうと、1日の摂取カロリーを1600キロカロリーに抑える事なんてできるわけがありません。

しかし、それでも、お菓子が食べたくて仕方ないという場合はどうすればいいのでしょうか?

いつもの食事量を減らしたうえで少ないお菓子を楽しむ

まず、毎食のご飯の量を減らしましょう!朝食300キロカロリー、昼食500キロカロリー、400キロカロリーぐらいに抑えると、3食で1200キロカロリーで抑えられ、400キロカロリーの余分を残すことができます。

そして、お菓子を食べるタイミングは、朝食と夕食の間だけにしておきましょう。そうしないと、夕食後に強烈にお腹が減ったタイミングでお菓子に手を出してしまい、余分なカロリー摂取をすることになってしまいます。10時の休憩や、3時のオヤツなど、タイミングを定めておきましょう。

また、スナック菓子や菓子パンなどの袋を開けた際には、すべて食べきるという事をやめましょう。おやつとして食べるとしても、300キロカロリー400キロカロリーという量は3食並みに大きすぎるのです。2回以上に分けて食べるようにしましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について