糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病で体重が減る?食べているのに痩せてしまう、急激な体重減少は糖尿病の危険な症状!

   

糖尿病という病気は太っている方が引き起こしやすい病気です。そのため、ダイエットなどで体重を減らし痩せることで糖尿病などの成人病を予防しようという方も多いはず。

しかし、実は糖尿病を発症してしまうと、食べているにもかかわらず体重が減ってしまいます。しかもこの体重が減る症状は糖尿病が相当悪化してから現れる症状なんです・・・。

こちらでは、糖尿病で体重が減る?食べているのに痩せてしまう、急激な体重減少は糖尿病の危険な症状!という情報を紹介していきます。

糖尿病で痩せる原因

糖尿病 体重減少

糖尿病で痩せるのは、血液中の糖分をエネルギーとして利用できなくなってしまう事が原因です。人間は本来、糖分をエネルギーとして生きています。しかし、血液中の糖分が利用できなくなってしまうと、脂肪や筋肉を消費してエネルギーを賄ってしまいうために痩せてしまいます。

糖尿病という病気は、尿に糖分が下りてくる病気だということはご存知の通り。糖は本来であれば腎臓で再吸収され血液の中に戻りますが、糖尿病を発症してしまうと腎臓で糖を再吸収できず、尿へと糖が漏れ出してしまうんです。

そのため、糖尿病を発症してしまうと、血液中の糖分を使用できなくなってしまう事で、食べいるのにも関わらず筋肉や脂肪が徐々に消費されて痩せてしまう事になります。

体重減少は糖尿病の深刻な症状

腎不全 糖尿病

糖尿病によって、食べているのにも関わらず体重が減るような状態になっている場合、残念ながらその糖尿病はかなり症状が進行している状態です。というのも、しっかり食べているのに、痩せる状態というのは、糖分をエネルギーとしてまったく活用できていない状態だからです。

糖尿病の初期では血糖値が上がり過剰に摂取した糖分を再吸収するため腎臓に負担がかかるようになります。この時には、まだ腎臓は負担がかかりながらも働けており、尿に糖分が下りてくることはありません。ですので、体重は増える一方です。

糖尿病の中期では、高血糖のドロドロした血液によって腎臓の糸球体という毛細血管群が詰まってしまう事になります。詰まってしまった糸球体は弾力を失ってしまい、高血圧により負荷がかかって穴が開いてしまいます。これにより、糖が尿に漏れ出すようになります。

とはいえ、糖尿病の中期では、腎臓内の糸球体が50%ほど破壊された程度です。(これでも酷い状態ですが)まだ、糖分の再吸収はできており、まだ痩せ始めることはありません。

そして、糖尿病が悪化しきってしまうと、腎臓がとうとう働かなくなってしまいます。こうなってしまうと糖分の再吸収がほとんど行われなくなってしまい、尿から糖がただただ漏れ出すことになってしまいます。

そして、糖分が足らなくなった体は、筋肉や脂肪を消費してしまい痩せていくわけです。

ですので、糖尿病で痩せるようになってしまったときには、すでに引き返せない位置にいることを自覚しなければなりません。できればこのような状況になるまえに、高血糖と高血圧を改善して糖尿病を回避しておきたいですね。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について