糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

糖尿病でお酒が禁止される理由 アルコールの成分が膵臓を壊す

   

糖尿病だと診断されると絶対に指導されることが禁酒。でも糖尿病でアルコールが禁止されるのはなぜなのでしょうか?

こちらでは、糖尿病でお酒が禁止される理由 アルコールの成分が膵臓を壊すという情報を紹介します。

糖尿病はインスリンが過剰分泌、分泌されなくなってしまう病気

なぜ、糖尿病患者にとってアルコールが危険なのか?それを知るためには、まずは糖尿病が引き起こされる原因を知らなければなりません。

糖尿病という病気は、食べ過ぎ飲みすぎ運動不足な生活習慣から引き起こされています。自堕落な生活習慣を続けていると、血糖値が常時高くなってしまい、血糖値を下げる唯一のホルモン、インスリンの過剰分泌がおこります。

インスリンは膵臓から分泌され、血液中の糖を様々な細胞に送りエネルギーに変える役割をもったホルモンです。しかし、インスリンの過剰分泌が続くと、大量のインスリンに体が慣れてしまい、インスリンへ抵抗性を持ってしまいます。

インスリン抵抗性のため、さらにインスリンの過剰分泌が引き起こされると、インスリン分泌で酷使され続けてきた膵臓がとうとう壊れてしまいます。これにより、インスリンの分泌できなくなった身体では、血液中の糖分はエネルギーとして消費できなくなってしまい、尿糖となって溢れるようになっています。

そのため、糖尿病の治療では、血糖値を下げ、血糖値の急上昇を抑え、インスリンの過剰分泌を抑制することに力をいれているわけです。

アルコールがインスリン分泌を担う膵臓を壊す

アルコールはすい液に含まれる「トリプシン」という物質を活性化させてしまいます。トリプシンはたんぱく質を分解する消化酵素で、普段は非活性の状態になっていますが、アルコールによって活性化すると膵臓を部分的に消化して炎症を起こしてしまいます。

そのため、ただでさえ糖尿病のインスリン過剰分泌によって膵臓が酷使されているにもかかわらず、アルコールを摂取してしまうと、膵臓を壊すスピードを速めてしまい糖尿病の悪化を招くことになってしまいます。

また、アルコールを飲んでいる時のおつまみには、高カロリーで塩味のキツイものが多いですよね。さらに、アルコールで酔っぱらってしまうと、自制心が失われ、いつもよりも食べる量が増えてしまいます。

そのため、飲酒はおつまみの食べ過ぎによる高血糖、高血圧を引き起こすことにより、糖尿病の悪化を招くことになってしまいます。

このような糖尿病の悪化を防ぐためにも、糖尿病を治療では必ず禁酒を言い渡されているわけです。自制心も無く生活し続けてきた結果が糖尿病。ちょっとだけだからと言い訳せずに必ず禁酒するようにしましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の治療 , ,