糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

空腹時血糖値はあてにならない?本当に怖い隠れ糖尿病

   

健康診断では前日から食事を摂らずに空腹のまま血液検査を行う事で、空腹時血糖値を測定し糖尿病の有無を判断しています。しかし、実は最近では空腹時血糖値だけでは発見できない隠れ糖尿病というものが問題になっているのです。

こちらでは空腹時血糖値はあてにならない?本当に怖い隠れ糖尿病という情報を紹介します。

本当に怖い隠れ糖尿病

隠れ糖尿病とは、通常の健康診断で行われる血液検査では発見できない隠れた糖尿病の事を言います。これは、言うならば健康診断で問題無しと診断されたにも関わらず、糖尿病を発症している状態です。

一説によると、糖尿病患者のうち約半数は糖尿病に気づいておらず、この隠れ糖尿病に陥っていしまっているのだとか。健康診断でも判別できないというのは恐ろしいですね・・・。

何故、健康診断でも糖尿病が発見できないのかというと、健康診断で行われる血液検査では空腹時の血糖値しか測れておらず、糖尿病で必要な食後の血糖値が測れていないからです。

そもそも糖尿病とは、食べ物を食べた際に血糖値が上がりすぎてしまう病気であり、お腹が空いている時の血糖値が上昇してしまうという症状は副次的なもの。そのため、食後血糖値が異常上昇していても、空腹時血糖値は正常値という事がありえるのです。

この隠れ糖尿病は、健康診断を定期的に受けていても指摘されることはありません。何せ健康診断で測定する空腹時血糖値は正常なのですから。そのため、自身が健康だと思っている生活や習慣が改善されないまま、糖尿病が悪化してしまうことになります。

隠れ糖尿病はHbA1cと食後血糖値で診断

このような隠れ糖尿病をチェックするためには、血液検査直前の血糖値だけではなく、HbA1cの数値も参考にしましょう。HbA1cとは、血液検査直前2カ月分の血糖値の平均を見ることができるもので、血液検査直前の状態に左右されない確かなものです。

HbA1cは4.3~5.8%が基準値とされ、5.8%を超えると要注意、6.5%を超えると糖尿病の可能性が高いとされています。空腹時血糖値が正常値でも、HbA1cが基準値以内に収まっていなければ、おそらく隠れ糖尿病を発症しています。

このHbA1Cに異常がある場合はさらに75グラム糖負荷試験を受ける事になります。これは75グラムという通常ではありえないブドウ糖を摂取して、その後2時間の血糖値の推移をみる糖代謝の試験です。

正常な人であれば、食事後の血糖値でも140mlを超える事はまずありません。しかし、隠れ糖尿病の方では、140mlを超え160ml、完璧な糖尿病の方であれば200mlと正常な方よりも高い数値になってしまいます。

いくら空腹時血糖値が低くても、食後の高血糖が続くようであれば、れっきとした糖尿病です。自身の健康が気になる方は、健康診断では見えない食後高血糖にも注意しておきましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,