糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

睡眠時無呼吸症候群に注意!浅い睡眠で悪化する糖尿病

   

睡眠時にいつの間にか呼吸がとまってしまう無呼吸症候群。実はこの無呼吸症候群のせいで糖尿病が悪化することもあるんです。

こちらでは、睡眠時無呼吸症候群に注意!浅い睡眠で悪化する糖尿病という情報を紹介します。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群とは、読んで字のごとく、睡眠時に無呼吸になってしまう病気。寝ている間に息が止まってしまい、酸素が足らなくなり苦しくなってきてようやく呼吸が再開するといった症状があらわれます。

睡眠時無呼吸症候群は眠っている最中の事ですので、なかなか自身では気付きにくいものです。家族の方が「いつもウルサイイビキが急に止まる」「止まったと思ったらまたウルサイイビキが再開する」といった睡眠時無呼吸症候群症状に気づくこともあります。

この睡眠時無呼吸症候群原因は、睡眠中に気道が閉塞して塞がれてしまう事で引き起こされています。首やのどに脂肪がついていると気道が閉塞されやすいため、太っている方は睡眠時無呼吸症候群になりやすいとされています。

この睡眠時無呼吸症候群を発症していると、呼吸困難によって深い睡眠が得られなくなってしまいます。そのため、起床後でも眠くなってしまったり、酷い場合だと起きている時にでも意識を失ってしまうということもあります。

無呼吸症候群で悪化する糖尿病

睡眠時無呼吸症候群を患っている人は、通常の方と比べると糖尿病になるリスクが1.62倍と言われています。さらに、睡眠時無呼吸症候群の症状が重いほど糖尿病のリスクが高まり、軽度の方よりも重度の睡眠時無呼吸症候群を発症している方のほうが2倍も糖尿病を発症しています。

睡眠時無呼吸症候群で何故 糖尿病が悪化するのかというと、まずは血圧の上昇が原因として挙げられています。

通常、深い睡眠の時にはリラックスしており、副交感神経が優位になり血管が膨らみ血圧が下がります。しかし、無呼吸症候群で深い睡眠が得られない状態になってしまうと、リラックスできず交感神経が優位になり、血管が縮み、血圧が上がってしまう事になります。

本来であれば血圧が下がった状態が続く睡眠時間でも血圧が下がらない状態が続いてしまうと、高血圧によって血管に傷をつけてしまい、さらにコレステロールや糖などによって血管を塞ぎ、動脈硬化などの症状を引き起こします。

この動脈硬化や血管障害は、まさに糖尿病の症状の1つ。腎臓の血管が壊死する腎不全や、足の血管が詰まり引き起こされる糖尿病足病変など、様々な糖尿病の合併症が悪化してしまいます。

また、睡眠時無呼吸症候群はレム睡眠とノンレム睡眠が頻繁に切り替わることで、糖代謝の異常が引き起こされています。これは、糖代謝を担うインスリンの危効き目が弱まってしまい、糖尿病を発症しやすくなっているわけです。

糖尿病は、カロリーの異常摂取によってインスリンの効き目が悪くなり、糖代謝が行えなくなる病気です。そのうえに、睡眠時無呼吸症候群によってさらにインスリンの効きが悪くなってしまうため、糖尿病が悪化してしまう事になります。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について