糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

睡眠不足でインスリン抵抗性が悪化 睡眠不足が引き起こす糖尿病

   

睡眠不足は、血管障害を引き起こし糖尿病の原因となりえます。そのうえ、血液中に増える浮遊脂肪酸が増えてしまい、インスリン抵抗性が悪化し、より一層糖尿病が進行してしまう事もあるんです。

こちらでは、睡眠不足でインスリン抵抗性が悪化 睡眠不足が引き起こす糖尿病という情報を紹介します。

睡眠不足でインスリン抵抗性が悪化

睡眠不足は、血液中の遊離脂肪酸を増やしてしまい、血糖値を下げるためのインスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性をさらに悪化させてしまいます。

遊離脂肪酸とは、蓄えられていた脂肪が分解されて放出されたエネルギーの事を指します。血液中の糖分同様に、体を動かすエネルギーとなりますが、多すぎると、高血糖や高血圧により血管障害を引き起こし、糖尿病を発症してしまう原因となりえます。

この遊離脂肪酸は本来、日中に体を動かしている際に脂肪から取り出され、エネルギーとして消費されていくもので、夜になると低くなっていくものです。しかし、睡眠不足の場合、起きている間中に遊離脂肪酸が血液中に漂う事になり、血管障害を引き起こしやすくなってしまいます。

さらに、この浮遊脂肪酸は、血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンの働きを阻害します。3~4日ほど睡眠不足が続くと、インスリンの働きが25%ほど悪くなってしまう事がわかっています。

インスリンの効きが悪くなるインスリン抵抗性は、血糖値を下げるためにより一層のインスリンが必要になってしまうものです。これにより、インスリンを生成する臓器である膵臓は常時酷使されることになり、このような状態が続いてしまうと、膵臓はインスリンを生成することができなくなってしまいます。

膵臓が壊れてしまうと、もう二度と自分の体からインスリンを作ることができなくなってしまうため、インスリンの自己注射に頼る糖尿病生活が始まってしまう事になります。

このような糖尿病の発症を防ぐためにも、まずは睡眠不足から解消してはいかがでしょうか。仕事で忙しい方もいるでしょうけれども、健康が一番です。せめて6時間半は睡眠時間として確保できる生活を送るようにしましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,