糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

急性心不全で亡くなられた西城秀樹さん、実は糖尿病だった

   

西城秀樹 糖尿病 死因

先日、急性心不全で亡くなれた西城秀樹さんには過去に二度の脳梗塞の発症歴があります。しかし実は糖尿病も患っていたという元マネージャーさんの話が話題になっています。

こちらでは、急性心不全で亡くなられた西城秀樹さん、実は糖尿病だったという情報を紹介します。

西城秀樹さんの死因は急性心不全

正常秀樹さんは平成30年5月13日、63歳という若さで帰らぬ人となりました。西城秀樹さんの死因は急性心不全で心臓の機能が低下し全身に血液を送れなくなる症状を引き起こすもの。

この急性心不全の原因としては、心筋梗塞、不整脈、弁膜症など血管系の病気がが挙げられます。

実は、もともと西城秀樹さんは、血液が濃くなる「二次性多血症」で、血液が詰まりやすい体質。そのうえ、お酒は飲み、タバコは1日3~4箱と生活習慣は悪い方面に傾き、過去には2度の脳梗塞を発症していました。。

元マネージャーさんが話す西城秀樹さんの糖尿病

西城秀樹さんが帰らぬ人となった後、元マネージャーの方が、実は西城秀樹が糖尿病を患っていた事を明らかにしました。

きっかけは96~97年にこのマネージャーとともに受けた健康診断。二人とも血糖値が高く、マネージャーの方は糖尿病と診断され薬物治療を始め、西城秀樹さんは、インシュリンを用いた治療を始めたことを告白しました。

インシュリンによる治療は糖尿病が相当悪化しており、血糖値が生活習慣や食事療法、運動療法では治療困難になりはじめている方が行うもの。インシュリンが処方されていたのであれば、確実に糖尿病を発症していたとみていいでしょう。

糖尿病の症状が続くと、高血糖なドロドロの血液によって高血圧を引き起こし、それとともに血管障害を引き起こします。西城秀樹さんが発症した脳梗塞は、この糖尿病の悪化も原因となってしまった可能性があります。

西城秀樹さんはもともと「虹製多血症」という血管系の病気を抱えていた上に、さらに糖尿病によって血管を傷つけ、飲酒、喫煙でさらに血管障害のリスクを高めてしまっていたわけです。

残念ながら、心筋梗塞という血管障害系の病気でなくなってしまった西城秀樹さん。できれば、このような事にならないように、糖尿病と診断されたらお酒は控える、禁煙するぐらいの努力はするようにしましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について , , ,