糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

寝る前に食べる夜食が引き起こす糖尿病 眠っている間の血糖値とインスリン抵抗性

   

夜寝る前に食べてしまったり夜食をとってしまうと、寝ている際に血糖値が上昇し、インスリン抵抗性があがってしまい、糖尿病を発症してしまう原因になってしまうのです。

こちらでは、寝る前に食べる夜食が引き起こす糖尿病 眠っている間の血糖値とインスリン抵抗性という情報を紹介します。

寝る前に食べる夜食が引き起こす糖尿病

日本では寝る前に食べると牛になるなんて言葉があります。実際に、夜食を食べた後に寝てしまうと、吸収したブドウ糖を消費せずため込んでしまうため、太ってしまう事が明らかになっています。

しかし、太ってしまう以上に恐ろしいものが糖尿病です。実は、人間の体は練る前に食事を取って血糖値を上げてしまうと、寝ている最中にブドウ糖を消費できないため、インスリンを過剰分泌させ、インスリン抵抗性を引き上げてしまうのです。

このインスリンとは人間の血糖値を下げる唯一のホルモンで、血糖値が高くなった時に膵臓から分泌され、血糖値を下げる役割を担っています。しかし、寝る前に食事を取るってしまい、睡眠中に高血糖な状態が続いてしまうと、インスリンが過剰分泌され、身体がインスリンに対して慣れてしまうインスリン抵抗性が上がってしまいます。

その上、夜食を食べる生活を続けてしまうと、血糖値を下げるためにさらなるインスリンの過剰分泌が必要となり、膵臓は疲弊し、いずれ壊れてしまいます。そうなると、自身の力で血糖値を下げる事ができなくなってしまい、重度の糖尿病となってしまうわけです。

このような夜食による糖尿病を発症を防ぐためには、夜寝る前の食事は3時間以上時間をあけるようにしましょう。食事後3時間もたてば食後上昇していた血糖値が下がりきりますので、インスリンの過剰分泌を防ぐことができ、糖尿病の予防、さらに肥満予防にもなります。

寝る前に食べる夜食が引き起こす糖尿病 実例

私は去年4月に職員検診で「高血糖」を疑われました。自分は自覚症状もないので、「寝耳に水」でいまだ、「なぜ?」という思いをぬぐい切れません。

しかし、糖尿病外来で2回空腹時血糖値が126を超えたので、「糖尿病型」確定になりました。仕方ありません。どう言い逃れをしようが、現実と向き合うしかありません。

朝は食事抜き、昼休みも取れず仕事、夜は薬剤師会、帰宅は深夜12時ごろ。当然、この時間スーパーもしまっていますので、コンビニの焼うどん、焼きそばなど(決して甘いものではありませんが)【糖質】ばかりは、1日1回寝る直前に3食分の固め食いをしていました。

コンビニのお弁当は、蛋白質、ビタミンは少なく、糖質、脂質の塊です。血糖値をあげる主なものは【糖質】です。甘いものでなくても、ご飯、焼きうどん、焼きそば、サンドイッチ、おにぎりは「糖質」ですので血糖値をあげます。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053694825

このような糖尿病発症を防ぐためにも、寝る前の食事や夜食の習慣は必ず辞めていくようにしましょう!

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の予防 ,