糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

妊娠糖尿病とは?妊娠糖尿病の原因、なりやすい方、治療方法

   

妊娠糖尿病とは、今まで糖尿病とは関係無かったにも関わらず、妊娠をきっかけに糖尿病の症状が出てしまうことを指します。

この妊娠糖尿病は糖分の取りすぎで引き起こされるというわけではなく、ホルモンバランスの変化によって引き起こされています。とはいえ、この妊娠糖尿病の症状が出てしまうということは、後々糖尿病を発症してしまう可能性が高いということに注意しなければなりません。

こちらでは、妊娠糖尿病とは?妊娠糖尿病の原因、なりやすい方、治療方法を紹介していきます。

妊娠糖尿病の原因

妊娠糖尿病の原因は、妊娠により変わってしまうホルモンのバランスが変化してしまうことです。糖尿病が、長年の糖分の過剰摂取や、運動不足を積み重ねた結果引き起こされるのと比べ、妊娠糖尿病はホルモンバランスが崩れて、一気に糖尿病の症状が現れます。

本来、インスリンというホルモンが、糖分の分解を担当しているのですが、妊娠するとおなかの赤ちゃんの養分補給のために、インスリンの分泌が鈍くなってしまいます。そのため、血糖値が高くなってしまい、糖尿病と同じ症状を引き起こしているんですよね。

この妊娠糖尿病の症状は、今まで糖尿病となんら関わりのなかった方でも、10%ほどの確立で発症してしまいます。しかし、関わりがないといわれながらも親兄弟が糖尿病を発症していたり、もともと肥満気味であったりする方のほうが妊娠糖尿病を発症しやすいそうです。

妊娠糖尿病の治療

妊娠糖尿病の治療は通常の糖尿病と同様というわけにはいきません。妊婦さんの体で激しい運動療法なんて事をすると大変な事になりかねませんので、気を付けましょうね。

とはいえ、まったく体を動かさないというわけにもいきません。できるのであれば30分ほどのウォーキングや、マタニティ体操などで汗を流すことを心がけましょう。とはいえ、前述したとおり無理は禁物です!

妊娠糖尿病の治療では炭水化物などの糖質を制限する、食事療法を取り入れていきます。一日の摂取カロリーを適正な値まで制限することで、体内で生成されるインスリンでまかなえる程度の糖分摂取量にまで抑えます。

軽い運動療法や食事療法でも血糖値が下がらないということになると、放置していると母子ともに危険ですので薬物療法も取り入れなくてはなりません。この際には、まずは血圧や血糖値を下げる血糖値降下剤の内服薬を処方されます。

しかし、それでも血糖値が下がらないとなると、インスリンの直接注射をしなければなりません。できれば、ここまで酷い妊娠糖尿病にはなりたくないものです・・・。

妊娠糖尿病はなおるの?

通常、妊娠糖尿病の症状は、出産が終わりホルモンバランスが戻ることにより治ります。インスリンさえ通常通りに分泌されれば、血糖値も下がりますので当然ですね。

しかし、稀に糖尿病の症状が改善せず、そのまま糖尿病を発症してしまうなんてこともあります。この場合の糖尿病は、もともと糖尿病になりかけの状態で妊娠しており、糖尿病発症への最後のひと押しが妊娠であったという事が多いようです。

そんな事にならないためにも、妊活中の方はできれば肥満体系を改善しておくことをお勧めします。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について