糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

冬のみかんで糖尿病予防 みかんの成分がインスリン抵抗性を改善

   

冬のこたつに一番似合うミカン。実はこのみかんが糖尿病を予防効果があるということがわかりました。

こちらでは、冬のみかんで糖尿病予防 みかんの成分がインスリン抵抗性を改善を改善という情報を紹介します。

みかんがインスリン抵抗性を改善

今回の発表によると、どうやら10~2月のシーズン中にみかんを毎日3~4個食べるだけで、糖尿病や非アルコール性の肝機能異常の発症リスクが下がるのだとか。

研究をまとめた国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構では、温州みかんシーズンの摂取量と生活習慣病の因果関係を調べる研究を、30~79歳の男女1073人の追跡調査を10年間続けており、その研究の結果、みかんをたくさん食べる人は、糖尿病や非アルコール性の肝機能異常の発症リスクが低いことがわかりました。

そして、この糖尿病や肝機能異常の発症リスクを下げる成分が、β―クリプトキサンチンと呼ばれる成分です。ニンジンのβカロチンや、トマトのリコペンと同じ仲間で、糖尿病でみられる酸化ストレスや炎症を抑えることで、肝機能の低下を抑制し、インスリン抵抗性を改善する働きがあります。

このβ―クリプトキサンチン他のカロテンの成分と比べても長期間、体内に蓄積されることが分かっていています。みかんの季節が終わり2月でみかんを食べる事を辞めたとしても、β―クリプトキサンチンは4月まで体内に残っていたんだとか。

そして、このβ―クリプトキサンチンの血中濃度が高い人は、低い人と比べると、糖尿病の発症リスクは57%低かったようです。ということは、いうなればみかんを食べるだけで糖尿病の発症リスクを半分に抑えられるという事!凄い効果です。

とはいってもみかんばかり食べる事が良い!と言うわけではありません。例えば、高血圧、高血糖で治療中の方が、1日にみかんを15個も食べるような食生活を続けた結果、2型糖尿病を発症してしまった事例もあります。

確かに、体に良いと言われると、いっぱい食べてしまいがちですが、何事もバランスが大切です。みかんにしても極端な食べ方をせず、3~4個程度に抑えておきましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病の予防 ,