糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

リウマチの糖質コルチコイド服用で糖尿病リスクが1.48倍に

   

リウマチの治療で使われる糖質コルチコイドを服用していると、糖尿病発症のリスクが1.48倍になるという論文が発表されました。

イギリスとアメリカの2つの臨床データベースを用いて、リウマチ患者の糖質コルチコイド服用歴を抽出し、解析。その結果、糖質コルチコイドを服用していた患者は、服用していない患者に比べると、1.48倍の糖尿病発症リスクがあることがわかりました。

こちらでは、リウマチの糖質コルチコイド服用で糖尿病リスクが1.48倍にという情報を紹介していきます。

そもそもリウマチって何?

リウマチとは、関節部が炎症を起こし、免疫によって骨や軟骨が破壊されてしまい、放置していると骨が変形してしまう病気です。腫れと激しい痛みをともうなうもので、他の関節痛と違い動かさず放置していても痛む事がリウマチの特徴です。

原因は、いまだはっきりとはしていませんが、免疫機能の異常によるものであるとされています。本来、免疫は、体の中に侵入してきた、細菌やアレルゲンを排除するための機能ですが、リウマチの場合自らの体の骨を攻撃してしまっています。

症状が出てからも放置し続けてしまうと、どんどん骨の破壊が進行してしまい、常に痛むようになってしまいます。そのため、リウマチと診断された場合は、すぐにでも治療を始める必要があります。

リウマチの糖質コルチコイド服用で糖尿病リスク

リウマチの治療薬では、糖質コルチコイドという飲み薬が使われています。これは、一種のステロイド(ホルモン剤、免疫抑制剤)と呼ばれるもので、免疫力を抑えて炎症を抑制するためのものです。

自らの体すら攻撃するようになってしまった免疫を抑えることで炎症を防ぐというのはリウマチの治療では必要不可欠なものです。

しかし、この糖質コルチコイドを6カ月服用した患者では、糖尿病を発症してしまうリスクが1.48倍も上がってしまっていることが明らかになったのです。

研究グループでは、「糖質コルチコイドの服用は、臨床上重要かつ評価可能な糖尿病のリスク因子のひとつである。同薬の服用による糖尿病リスクは、用量と服用期間による影響を受けるが、この影響は過去6カ月以内の服用に限られることもわかった」と話しています。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 未分類 , , ,