糖尿病インフォメーションは、糖尿病を治すため予防するための情報を集めたサイトです

糖尿病インフォメーション

アルツハイマーは脳の糖尿病!インスリンの過剰分泌が引き起こす認知症

   

アルツハイマーや認知症は、脳の血管異常によって引き起こされている病気です。そのため、高血圧や高血糖を引き起こす糖尿病は、血管障害によりアルツハイマーを引き起こすと言われています。

そして最近の研究では、糖尿病の初期症状であるインスリンの過剰分泌が、認知症の発症リスクを増やしているという事がわかりました。血管障害だけではなく、インスリンによっても認知症は引き起こされるとはどういう事でしょうか。

こちらでは、アルツハイマーは脳の糖尿病!インスリンの過剰分泌が引き起こす認知症という情報を紹介します。

インスリン過剰分泌を引き起こす糖尿病

インスリン

糖尿病を患うような生活を続けていると、血糖値が高い状態が続いてしまいます。そして、この高い血糖値を下げるための唯一の機能が、膵臓から分泌されるホルモン、インスリンです。

糖尿病の初期では、高い血糖値を下げるために、インスリンがドバドバ分泌されることになります。しかし、このインスリンの分泌が続いてしまうと、インスリン抵抗性ができあがってしまい、体がインスリンに対して耐性をもってしまいます。

インスリン抵抗性を得てしまうと、血糖値を下げるためのインスリン必要量が増えてしまうため、さらにインスリンが過剰分泌されることになります。

インスリンの過剰分泌が続くと、インスリンを生成する臓器である膵臓が疲弊しいずれ壊されてしまいます。そうして、ついにインスリンが分泌されなくなり、糖尿病が重症化してしまうわけです。

脳内のインスリン過剰分泌が引き起こす認知症

アルツハイマー型認知症 アミロイドβ

アルツハイマーなどの認知症は、アミロイドβが脳内にたまってしまい、脳神経細胞同士の連絡が阻害されてしまう事で引き起こされています。本来アミロイドβは、健康な体であればは分解酵素によって除外されています。

しかし、このアミロイドβの分解酵素は、実はインスリンの分解酵素でもあるです。そのため、脳内にインスリンが過剰分泌されていると、インスリンばかりを分解してしまい、アミロイドβの分解がおざなりになってしまうのです。

ですので、糖尿病の初期段階から中期までは、インスリンの過剰分泌で認知症発症リスクが増大。さらに、糖尿病が悪化してしまうと、高血糖高血圧による血管障害により認知症発症リスクがさらに増大することになってしまいます。

糖尿病だけでも辛いのに、認知症まで患ってしまうと、本人だけではなく介護するものにとっても不幸になってしまいます。糖尿病の発症リスクを感じている方は、すぐにでも糖尿病予防をはじめましょう。

糖尿病と闘うあなたへ!

糖尿病を不治の病とあきらめないでください。

糖尿病になると、味気ない糖質制限やカロリー制限された食事をとったり、面倒くさい日々の運動など、対症療法がメインとなり、人生が楽しくなくなります。インシュリンも苦痛と費用が伴いますよね。

しかし、膵臓を活性化することができれば、糖尿病は改善するということを、あなたはご存知ですか?

この糖尿病改善プログラムなら食事制限やつらい運動、インシュリンともおさらばできます。

しかも、この夢のような糖尿病改善プログラムは1日たったの5分でできちゃうんです!

その糖尿病糖尿病改善方法は?今なら安心の全額返金保証付きで手に入れることができます。知らないと損です。

血糖値改善サプリメント

血糖値改善サプリメント

あなたは、植物性インスリンってご存知ですか?

そうです。そんなものが存在しています。植物性だと安心ですよね

その植物性インスリンのサプリメントで、血糖値対策をして糖尿病を改善してみませんか?

糖のお悩みに 植物性インスリン含有
グラシトール

 - 糖尿病について ,